ハイビスカスって何?楽しさ広がる!ハーブティー活用方法

【ハーブティー】ハイビスカス

 

「ハイビスカスのハーブティーって、どんな時に飲むのがいいんだろう?」
「おすすめのハイビスカスハーブティーは?」

 

あなたは、ハイビスカスというとどんなイメージを持つでしょうか?

 

ハイビスカスは、別名としてローゼリ草ローゼルとも呼ばれているハーブです。

 

アオイ科の植物で、ハーブティーには「がく(花びらの付け根にある小さい葉のようなもの)」の部分が使われています。

 

ハイビスカスは、さわやかな酸味と美しいワインレッドの色をもったハーブで、

 

東京オリンピックの金メダリスト、アベベ選手が、
天然のスポーツドリンクとして愛用していたことから一躍有名になったハーブです。

 

クエン酸などの成分がエネルギー代謝を促してくれるため、
肉体疲労の回復を早めるのに役立ちます。

 

今回は、
ハイビスカスハーブティーを楽しむための情報をお伝えします。

 

おすすめのハーブティーや、ブレンドレシピも載せているので、参考にしてみてくださいね!

 

それでは、詳しく見ていきましょう!

 

※薬を服用中の方および通院中の方は、お医者様・薬剤師とご相談のうえお飲みください。
※ハーブティーを飲んで気になることがあれば、すぐにお医者様に相談しましょう。

 

 

 

 

ハイビスカスはこんな時におすすめ!

  • 代謝促進作用(クエン酸)
  • 消化促進作用
  • 利尿作用
  • 緩下作用
  • 肉体疲労
  • 眼精疲労(アントシアニン色素)
  • 食欲不振
  • 便秘
  • むくみ
  • のどの炎症(のどの使いすぎに)
  • 循環不良

 

酸味が強いので蜂蜜を入れるとのみやすい。

 

花屋さんで見られるハイビスカスは、観賞用に品種改良したものです。

 

ハイビスカスのハーブティーはenherbがおすすめ!

 

enherb(エンハーブ)


 

ハーブ専門店「enherb(エンハーブ)」

 

enherb(エンハーブ)が採用しているドライハーブは、より野生に近い環境で生育した、生命力溢れるハーブを中心に選んでいます。
そのため、植物の生育場所は、ヨーロッパ、アメリカ、アジア、アフリカなどの世界31カ国に及びます。

 

シングルハーブティー

 

ハーブティーのティーバッグ

 

お店で見る

enherb(エンハーブ)の店舗を見る

 

【enherb(エンハーブ)】店舗のMAP

 

 

おすすめブレンドレシピ

  • ハイビスカス+ローズヒップ
  •  

  • ハイビスカス+パイナップルジュース
  •  

  • ハイビスカス+はちみつ

 

ハイビスカスの基本データ(学名/別名/科名/種類/原産地/使用部位/成分)

  • 学名:Hibiscus sabdariffa
  • 別名:ローゼリ草、ローゼル
  • 科名:アオイ科
  • 種類:一年草
  • 原産地:アフリカ
  • 使用部位:萼(がく)部

 

ハイビスカスの特徴

ハイビスカスのハーブティーは、さわやかな酸味と美しいワインレッドの色をもち、世界中で女性の人気を集めています。

 

メディカルハーブとしてはクエン酸などの成分がエネルギー代謝を促し、肉体疲労の回復を早めます。

 

ビタミンCはそれほど含まれていないので、ローズヒップと組み合わせることで相乗効果が得られ、風味も向上して飲みやすくなります。

 

原産地のアフリカだけでなく、ほかの熱帯地域の国々でも栽培されています。

 

最近では、フランス料理やイタリア料理のソースとしても使われています。

 

果実はお茶にするほか、砂糖煮にしてジャムやソースにします。

 

ハイビスカスのエピソード

東京オリンピックの金メダリスト、アベベ選手が天然のスポーツドリンクとして愛用していたことから一躍有名になったハーブです。

 

  • ハイビスカスの成分

  • 植物酸(クエン酸、リンゴ酸、ハイビスカス酸)
  • アントシアニン色素(ヒビスシンなど)
  • 粘液質(多糖類)
  • ペクチン
  • ミネラル(鉄、カリウム)

 

 


ページの先頭へ戻る