レモンピールって何?楽しさ広がる!ハーブティー活用方法

【ハーブティー】レモンピール

 

「レモンピールのハーブティーって、どんな時に飲むのがいいんだろう?」
「おすすめのレモンピールハーブティーは?」

 

あなたは、レモンピールというとどんなイメージを持つでしょうか?

 

レモンピールはミカン科の植物で、ハーブティーには果皮(果実の表面を覆う外皮)の部分が使われています。

 

レモンピールは、さわやかな酸味が特徴のハーブで、

 

食欲を促すのに役立てたい時や、食べ物がのどを通らない時などに役立ちます。

 

また、フランスやイギリスでは、
風邪を引いた時の飲み物として、お湯にレモンと砂糖を加えたホットドリックを飲む習慣が昔からあります。

 

熱を伴う風邪の時には、少し熱めのうちにハーブティーとして飲むのがおすすめです。

 

今回は、
レモンピールハーブティーを楽しむための情報をお伝えします。

 

おすすめのハーブティーや、ブレンドレシピも載せているので、参考にしてみてくださいね!

 

それでは、詳しく見ていきましょう!

 

※薬を服用中の方および通院中の方は、お医者様・薬剤師とご相談のうえお飲みください。
※ハーブティーを飲んで気になることがあれば、すぐにお医者様に相談しましょう。

 

 

 

 

レモンピールはこんな時におすすめ!

  • 抗菌作用
  • 抗酸化作用
  • 解熱作用
  • 利尿作用
  • 抗炎症作用
  • 抗ヒスタミン作用
  • 食欲増進
  • 刺激

 

抽出時間は長めに5分程度にします。

 

動脈の内壁が熱くなるのを防ぎ、静脈や血管、毛細血管を強くする働きもあります。

 

疲労回復にバスパックにして入浴するのもおすすめです。

 

レモンピールのハーブティーは「London Fruit and Herb Company」がおすすめ!

 

London Fruit and Herb Company(ロンドン・フルーツ&ハーブ カンパニー)

 

 

 

「ロンドン・フルーツ&ハーブ」は、着色料・保存料を一切使用していないカフェインフリーの飲み物です。
英国のタイフー社のレシピに基づき、ドイツでブレンドしています。

 

スペシャルパックもおすすめ

 

 

おすすめブレンドレシピ

 

レモンピールの基本データ(学名/別名/科名/種類/原産地/使用部位/成分)

  • 学名:Citrus limon
  • 科名:ミカン科
  • 種類:常緑低木
  • 原産地:インド北部
  • 使用部位:果皮

 

レモンピールの特徴

レモンの果皮で、熱を伴う風邪の症状を緩和する働きや、
食前の前に飲めば食欲を促す働きが期待できるハーブです。

 

熱を伴う風邪の時は、熱いうちに飲むとよいでしょう。

 

また、さわやかな酸味が食欲を促すので、食べ物がのどを通らない時に役立ちます。

 

レモンピールのエピソード

フランスやイギリスでは昔から、風邪を引いた時の飲み物として、
お湯にレモンと砂糖を加えたホットドリックを飲む習慣があります。

 

レモンピールの成分

  • ビタミン類
  • フラボノイド
  • 粘液質

 

 


レモンが好きな人におすすめの記事

 
ページの先頭へ戻る