レモンバーベナのハーブティーについて知りたい!日常的にレモンバーベナハーブティーを楽しむ方法

【ハーブティー】レモンバーベナ

 

「レモンバーベナのハーブティーって、どんな時に飲むのがいいんだろう?」
「おすすめのレモンバーベナハーブティーは?」

 

あなたは、レモンバーベナというとどんなイメージを持つでしょうか?

 

レモンバーベナは、別名としてベルベーヌとも呼ばれているハーブです。
クマツヅラ科の植物で、ハーブティーには葉の部分が使われています。

 

レモンバーベナは自律神経のバランス調整に役立つハーブで、
利用するタイミングにより作用が異なってきます。

 

例えば、リラックス時に飲むとリフレッシュできたり、
興奮時に飲むとリラックス
食欲がわかないときには、食欲がわくのをサポートしてくれたり、
食べすぎたときには、消化をサポートしてくれたりします。

 

レモンバーベナは胃に刺激が強いハーブなので、
胃が弱い人は注意してください。

 

今回は、
レモンバーベナハーブティーを楽しむための情報をお伝えします。

 

おすすめのハーブティーや、ブレンドレシピも載せているので、参考にしてみてくださいね!

 

それでは、詳しく見ていきましょう!

 

 

 

 

レモンバーベナはこんな時におすすめ!

  • 鎮静作用
  • 緩和作用
  • 消化促進作用
  • 食欲不振
  • 消化不良
  • 軽い興奮
  • 自律神経の調整
  • 偏頭痛の改善
  • 風邪
  • 血行促進
  • 吐き気

 

風味は3年持つと言われています。

 

自律神経のバランス調整に役立つハーブなので、利用するタイミングによって作用が変わる。

 

利用のタイミング

  • リッラクス時・・・リフレッシュ
  • 興奮時・・・リラックス
  • 食欲がない時・・・食欲増進
  • 食べ過ぎた時・・・消化促進

 

レモンバーベナハーブティーを飲むときの注意点

  • 胃に刺激が強いため、胃の弱い人は注意がが必要。

 

レモンバーベナのハーブティーはenherbがおすすめ!

 

enherb(エンハーブ)


 

ハーブ専門店「enherb(エンハーブ)」

 

enherb(エンハーブ)が採用しているドライハーブは、より野生に近い環境で生育した、生命力溢れるハーブを中心に選んでいます。
そのため、植物の生育場所は、ヨーロッパ、アメリカ、アジア、アフリカなどの世界31カ国に及びます。

 

シングルハーブティー

 

お店で見る

enherb(エンハーブ)の店舗を見る

 

【enherb(エンハーブ)】店舗のMAP

 

 

おすすめブレンドレシピ

 

レモンバーベナの基本データ(学名/別名/科名/種類/原産地/使用部位/成分)

  • 学名:Aloysia triphylla
  • 別名:ベルベーヌ
  • 科名:クマツヅラ科
  • 種類:落葉低木
  • 原産地:南アメリカ
  • 使用部位:葉部

 

レモンバーベナの特徴

「優しい心」が花言葉の言葉のハーブは、疲れた心にも優しく作用してくれます。

 

丈は150cm近くまで育ち、夏には香りのよい白または淡い桃色の花が咲きます。

 

ハーブティーは、かぐわしいレモンの香りが楽しめます。

 

フレッシュの葉は刻んで、魚や肉料理、サラダなど料理に利用できます。

 

ビネガーやオイルの香り付けにも適しています。

 

また、乾燥させても強い香りが持続するため、ポプリやリースの材料にも向いています。

 

レモンバーベナのエピソード

アンデス地方では、鎮静と消化促進作用のあるハーブとして愛用されてきました。

 

これを18世紀にスペイン人が持ち帰り、ヨーロッパ全土に広まっていったようです。

 

レモンに似たすっきりとした香りのハーブティーは、
特にフランスでは「ベルベーヌ」の名で、カフェの定番メニューとして愛飲されています。

 

レモンバーベナの成分

  • 精油(シトラール、d-リモネン、ゲラ二オール、ネロール、1.8シネオール)
  • フラボノイド

 

 


ページの先頭へ戻る