マリーゴールドのハーブティーについて知りたい!日常的にマリーゴールドハーブティーを楽しむ方法

【ハーブティー】マリーゴールド

 

「マリーゴールドのハーブティーって、どんな時に飲むのがいいんだろう?」
「おすすめのマリーゴールドハーブティーは?」

 

あなたは、マリーゴールドというとどんなイメージを持つでしょうか?

 

マリーゴールドは、別名としてキンセンカとも呼ばれているハーブです。
キク科の植物で、ハーブティーには花の部分が使われています。

 

マリーゴールドは、皮膚トラブルに役立つハーブで、
古代エジプトでは「若返りの薬」として利用されていました。

 

さまざまな肌トラブルに役立つマリーゴールドですが、
キク科のアレルギーがある人は注意してください。

 

また、妊娠期は飲む量を少量にしましょう。

 

マリーゴールドだけで飲むと苦みがあるので、
他のハーブとブレンドして飲むのがおすすめです。

 

今回は、
マリーゴールドハーブティーを楽しむための情報をお伝えします。

 

おすすめのハーブティーや、ブレンドレシピも載せているので、参考にしてみてくださいね!

 

それでは、詳しく見ていきましょう!

 

 

 

 

マリーゴールドはこんな時におすすめ!

  • 皮膚・粘膜の修復
  • 消炎作用
  • 抗菌作用
  • 抗真菌作用
  • 抗ウィルス作用
  • 発汗作用
  • 胃炎・胃潰瘍
  • 風邪
  • インフルエンザ
  • PMS(月経前症候群)
  • 生理痛

 

マリーゴールドの浸出油で作ったクリームは様々な肌トラブルに役たちます。
特に皮膚湿疹によく利用されます。

 

マリーゴールドには種類があります。
「ポットマリーゴールド(カレンデュラ)」は成分が持つ力(肌トラブル、ホルモン系、消化器系)を期待して利用されます。
「フレンチマリーゴールド」は園芸用として使われます。

 

マリーゴールドハーブティーを飲むときの注意点

  • キク科のアレルギーのある人は注意が必要です。
  • 妊娠期は少量で抑えてください。
  • シングルティーは苦味があるのでブレンド向きです。

 

マリーゴールドのハーブティーは生活の木がおすすめ!

 

生活の木

 

 

生活の木のハーブティーは、有機JASを取得した「オーガニック」、エコサート認証などの「ナチュラル」、「ワイルド(野生)」なのものを世界32ヵ国のパートナーファーム(提携農園)から厳選しています。

 

おすすめブレンドレシピ

 

マリーゴールドの基本データ(学名/別名/科名/種類/原産地/使用部位/成分)

 

  • 学名:Calendula officinalis
  • 別名:キンセンカ
  • 科名:キク科
  • 種類:一年草
  • 原産地:南ヨーロッパ
  • 使用部位:花部

 

マリーゴールドの特徴

マリーゴールドは飲用、外用として使われる有名なハーブです。

 

特に皮膚トラブルに優れた働きを発揮します。

 

鮮やかなオレンジ色の水色が心を元気にしてくれます。

 

マリーゴールドのエピソード

マリーゴールドは古代エジブトでは、若返りの薬として利用していました。

 

ジプシーたちには万能薬として使われていたこともあります。

 

日本では「キンセンカ」と呼ばれます。
日本では仏花としてのイメージが強いハーブです。

 

マリーゴールドの成分

  • カロテノイド(カロテン、キサントフィルなど)
  • フィトステロール(タラキサステロールなど)
  • フラボノイド(クエルセチンなど)
  • 苦味質
  • 多糖類
  • 精油

 

 


ページの先頭へ戻る