ネトルって何?楽しさ広がる!ハーブティー活用方法

【ハーブティー】ネトル

 

「ネトルのハーブティーって、どんな時に飲むのがいいんだろう?」
「おすすめのネトルハーブティーは?」

 

あなたは、ネトルというとどんなイメージを持つでしょうか?

 

ネトルは、別名としてセイヨウイラクサスティンギングネトルとも呼ばれているハーブです。

 

イラクサ科の植物で、ハーブティーには葉の部分が使われています。

 

ネトルは、フラボノイドクロロフィルビタミンミネラルが豊富に含まれているハーブで、

 

ドイツでは、アレルギーの予防に「春季療法」としてネトルなどのハーブを積極的に摂取しています。

 

ビタミンC鉄分カルシウムカリウムなどの栄養分を含み、
「植物の血液」とも言われている「クロロフィル(葉緑素)」も含むため、浄血作用が期待できるハーブです。

 

ネトルは、アレルギーのある人の体質改善に役立ちます。

 

今回は、
ネトルハーブティーを楽しむための情報をお伝えします。

 

おすすめのハーブティーや、ブレンドレシピも載せているので、参考にしてみてくださいね!

 

それでは、詳しく見ていきましょう!

 

※薬を服用中の方および通院中の方は、お医者様・薬剤師とご相談のうえお飲みください。
※ハーブティーを飲んで気になることがあれば、すぐにお医者様に相談しましょう。

 

 

 

 

ネトルはこんな時におすすめ!

  • 利尿作用
  • 浄血作用
  • 造血作用
  • 抗アレルギー作用(かゆみを抑える)
  • 痛風(尿酸を排出する)
  • 花粉症
  • 尿道炎
  • ダイエット・妊娠中の栄養補給に
  • 痛風
  • リウマチ

 

クロロフィルを含みます。

 

クロロフィル(葉緑素)は人間の血液の色素成分に似ている、
ヘモグロビンと構造が似ているため、「植物の血液」とも言われています。

 

浄血作用が期待できるため、アトピーやリウマチなどのアレルギー疾患に体質改善の目的で用いられます。

 

ドイツでは春先のアレルギーの予防に「春季療法」として利用されます。

 

「春季療法」とは春先のアレルギーの予防にネトルなどのハーブを積極的に摂取する方法です。

 

花粉症には年明けからネトルティーを摂取することが多いです。

 

ネトルのハーブティーはenherbがおすすめ!

 

enherb(エンハーブ)


 

ハーブ専門店「enherb(エンハーブ)」

 

enherb(エンハーブ)が採用しているドライハーブは、より野生に近い環境で生育した、生命力溢れるハーブを中心に選んでいます。
そのため、植物の生育場所は、ヨーロッパ、アメリカ、アジア、アフリカなどの世界31カ国に及びます。

 

シングルハーブティー

 

お店で見る

enherb(エンハーブ)の店舗を見る

 

【enherb(エンハーブ)】店舗のMAP

 

 

おすすめブレンドレシピ

 

ネトルの基本データ(学名/別名/科名/種類/原産地/使用部位/成分)

 

  • 学名:Urtica dioica
  • 別名:セイヨウイラクサ、スティンギングネトル
  • 科名:イラクサ科
  • 種類:多年草
  • 原産地:ヨーロッパ、アジア
  • 使用部位:葉部

 

ネトルの特徴

ネトルはフラボノイドやクロロフィル、ビタミンやミネラル豊富で体に必要な栄養素をたくさん含んだハーブです。
花粉症やアトピーなどのアレルギー疾患に体質改善の目的で用いられます。

 

ドイツでは春先のアレルギーの予防に、
ネトルなどのハーブを積極的に摂取する療法を「春季療法」と呼びます。

 

ヨーロッパからアジアに自生し、葉は細かなトゲがあり、刺さると激痛が走るため、
取扱いには注意が必要です。

 

ネトルのエピソード

ネトルは、繊維質が多く含まれており、織物の原料としても使われてきました。

 

一方でビタミンCをはじめ、鉄分、カルシウム、カリウムなど栄養分を含むハーブとしても知られています。

 

ネトルの成分

  • フラボノイド(クエルセチン)
  • フラボノイド配糖体(ルチン)
  • クロロフィル
  • フィトステロール(β-シトステロール)
  • β–カロテン
  • ビタミンC
  • 葉酸
  • ミネラル(ケイ素、カルシウム、カリウム、鉄)

 

 


ページの先頭へ戻る