パッションフラワーのハーブティーについて知りたい!日常的にパッションフラワーハーブティーを楽しむ方法

【ハーブティー】パッションフラワー

 

「パッションフラワーのハーブティーって、どんな時に飲むのがいいんだろう?」
「おすすめのパッションフラワーハーブティーは?」

 

あなたは、パッションフラワーというとどんなイメージを持つでしょうか?

 

パッションフラワーは、別名としてチャボトケイソウとも呼ばれているハーブです。
トケイソウ科の植物で、ハーブティーには葉、つるの部分が使われています。

 

パッションフラワーは、花が時計の文字盤に似ているハーブで、
精神的な緊張やそれに伴う頭の痛みや、よく眠れない状態などを改善し、落ち着きを取り戻すのに役立つため、
「植物性のトランキライザー(精神安定剤)」とも呼ばれています。

 

パッションフラワーは、パッションフラワーだけで飲むよりも、
ジャーマンカモミールなどの痛みを和らげるのに役立つハーブと一緒に飲むのがおすすめです。

 

今回は、
パッションフラワーハーブティーを楽しむための情報をお伝えします。

 

おすすめのハーブティーや、ブレンドレシピも載せているので、参考にしてみてくださいね!

 

それでは、詳しく見ていきましょう!

 

 

 

 

パッションフラワーはこんな時におすすめ!

  • 鎮静作用(中枢性)
  • 鎮痙作用
  • 精神作用
  • 精神不安
  • 神経症
  • 過敏症腸症候群
  • 不眠
  • 高血圧
  • 利尿作用
  • リラックス

 

パッションフラワーハーブティーを飲むときの注意点

  • 妊娠中・授乳中は使用を避ける。
  • 血液系の薬を飲んでいる人は注意が必要。

 

パッションフラワーのハーブティーはenherbがおすすめ!

 

enherb(エンハーブ)


 

ハーブ専門店「enherb(エンハーブ)」

 

enherb(エンハーブ)が採用しているドライハーブは、より野生に近い環境で生育した、生命力溢れるハーブを中心に選んでいます。
そのため、植物の生育場所は、ヨーロッパ、アメリカ、アジア、アフリカなどの世界31カ国に及びます。

 

シングルハーブティー

 

お店で見る

enherb(エンハーブ)の店舗を見る

 

【enherb(エンハーブ)】店舗のMAP

 

 

おすすめブレンドレシピ

 

パッションフラワーの基本データ(学名/別名/科名/種類/原産地/使用部位/成分)

 

  • 学名:Passiflora incarnata
  • 別名:チャボトケイソウ
  • 科名:トケイソウ科
  • 種類:多年草
  • 原産地:アメリカ
  • 使用部位:葉、つる

 

パッションフラワーの特徴

パッションフラワーは向精神性ハーブに分類されますが、作用が穏やかであるため安心して用いることができます。

 

「植物性のトランキライザー(精神安定剤)」とも呼ばれています。

 

精神的な緊張やそれに伴う頭痛、不眠などを改善し、落ち着きを取り戻します。

 

このハーブは単独よりも鎮痛系のハーブ(ジャーマンカモミールなど)とのブレンドが適しています。

 

植物はつる性で、花が時計の文字盤に似ています。夏頃花が次々と咲いてきます。

 

パッションフラワーのエピソード

パッションとはキリストの受難を指します。

 

米国の先住民チェロキー族やメキシコのアステカ族が用いた歴史があります。

 

地上部の全草をハーブティーとして飲むことができ、ヨーロッパでは古くから利用されてきました。

 

パッションフラワーの成分

  • フラボノイド(アピゲニン)
  • フラボノイド配糖体(ビテキシン)
  • インドールアルカロイド(ハルマン、ハルモール)

 

 


ページの先頭へ戻る