ペパーミントのハーブティーについて知りたい!日常的にペパーミントハーブティーを楽しむ方法

【ハーブティー】ペパーミント

 

「ペパーミントのハーブティーって、どんな時に飲むのがいいんだろう?」
「おすすめのペパーミントハーブティーは?」

 

あなたは、ペパーミントというとどんなイメージを持つでしょうか?

 

ペパーミントは、別名としてセイヨウハッカとも呼ばれているハーブです。
シソ科の植物で、ハーブティーには葉の部分が使われています。

 

ペパーミントは、日本で古くから「ハッカ」として知られているハーブで、
さわやかなメントールの香りが眠気を吹き飛ばし気分をリフレッシュさせてくれます。

 

食べすぎ飲みすぎ吐き気がする状態をしずめるのに役立ち、
食欲がわかない時や、ストレスからお腹がズキズキしてしまう時にもおすすめです。

 

今回は、
ペパーミントハーブティーを楽しむための情報をお伝えします。

 

おすすめのハーブティーや、ブレンドレシピも載せているので、参考にしてみてくださいね!

 

それでは、詳しく見ていきましょう!

 

 

 

 

ペパーミントはこんな時におすすめ!

  • 発汗作用
  • 鎮痛作用(濃いティーを布にしみこませて患部にあてる-通常の2倍の濃度で)
  • 鎮痙作用
  • 母乳分泌抑制
  • 記憶力・集中力UP(モーニングティーにおすすめ)
  • 鼻づまり(吸入がおすすめ-熱湯を注ぎ、たち上がってくる蒸気を吸い込む)
  • 殺菌作用(ペーパータオルをティーに浸し、軽くしぼって使う)
  • つわり
  • 消化不良
  • 乗り物酔い
  • 胸やけ
  • 食欲不振
  • 過敏性腸症候群

 

水出しが可能です。

 

水出しの方法

ハーブを人数分ディーサーバーに入れ、常温の水を注ぎ、長めに抽出します。

 

ブレンドの際、香りが強いので量に注意が必要です。

 

アップルミント、スペアミントなど種類がたくさんあります。

 

メディカルハーブとして使用されるのは主にペパーミントです。

 

ペパーミントハーブティーを飲むときの注意点

ブレンドの際、香りが強いので量に注意が必要です。

 

ペパーミントのハーブティーはenherbがおすすめ!

 

enherb(エンハーブ)


 

ハーブ専門店「enherb(エンハーブ)」

 

enherb(エンハーブ)が採用しているドライハーブは、より野生に近い環境で生育した、生命力溢れるハーブを中心に選んでいます。
そのため、植物の生育場所は、ヨーロッパ、アメリカ、アジア、アフリカなどの世界31カ国に及びます。

 

シングルハーブティー

 

お店で見る

enherb(エンハーブ)の店舗を見る

 

【enherb(エンハーブ)】店舗のMAP

 

 

おすすめブレンドレシピ

 

ペパーミントの基本データ(学名/別名/科名/種類/原産地/使用部位/成分)

 

  • 学名:Mentha pipertia
  • 別名:セイヨウハッカ
  • 科名:シソ科
  • 種類:多年草
  • 原産地:地中海沿岸
  • 使用部位:葉部

 

ペパーミントの特徴

ペパーミントのさわやかなメントールの香りは眠気を吹き飛ばし、気分ををリフレッシュしてくれます。

 

また消化器の機能を調整するため、食べすぎ、飲みすぎ、食欲不振や消化不良、吐き気などの不快な症状を鎮めます。

 

さらにストレスが元になって下痢や便秘、腹痛を繰り返す過敏症腸症候群などの心身症にも用いられることがあります。

 

比較的、男性に好まれます。

 

チョコレートや和菓子との相性もいいです。

 

ペパーミントのエピソード

ペパーミントは、日本では古くから「ハッカ」として知られています。

 

アラブ諸国ではミントティーがよく飲まれています。

 

ペパーミントの成分

  • 精油(ℓ-メントール、メントン、メントフラン)
  • フラボノイド(アピゲニン、ルテオリン)
  • タンニン(ロスマリン酸)
  • カフェ酸
  • クロロゲン酸

 

ペパーミントが好きな人には、
ペパーミントのアロマもおすすめ!

 

 


ページの先頭へ戻る