ルイボスって何?楽しさ広がる!ハーブティー活用方法

【ハーブティー】ルイボス

 

「ルイボスのハーブティーって、どんな時に飲むのがいいんだろう?」
「おすすめのルイボスハーブティーは?」

 

あなたは、ルイボスというとどんなイメージを持つでしょうか?

 

ルイボスは、マメ科の植物で、ハーブティーには葉の部分が使われています。

 

ルイボスは、南アフリカで古くから健康茶として親しまれてきたハーブで、
カフェインを含まず、抗酸化作用があるとされています。

 

赤ちゃんからお年寄りまで、家族で安心して利用できるハーブです。

 

亜鉛が豊富に含まれているので、妊活中のお茶としてもおすすめです。

 

今回は、
ルイボスハーブティーを楽しむための情報をお伝えします。

 

おすすめのハーブティーや、ブレンドレシピも載せているので、参考にしてみてくださいね!

 

それでは、詳しく見ていきましょう!

 

※薬を服用中の方および通院中の方は、お医者様・薬剤師とご相談のうえお飲みください。
※ハーブティーを飲んで気になることがあれば、すぐにお医者様に相談しましょう。

 

 

 

 

ルイボスはこんな時におすすめ!

  • 強壮作用
  • 抗アレルギー作用
  • 代謝促進作用
  • 抗酸化作用(活性酸素除去酵素を豊富に含む)
  • 冷え性
  • 便秘
  • 老化防止
  • カタル症状改善

 

赤ちゃんからお年寄りまで、家族で安心して利用できます。

 

南アフリカ共和国のセダルバーグ山脈一帯でしか栽培できない貴重な植物です。

 

食事が美味しなり、ぐっすり眠れると言われています。

 

アレルギー性の皮膚疾患が気になる方にハーバルバスとして。
浴槽に着色しやすいので入れたままにしない。

 

妊活中のお茶として。亜鉛が豊富に含まれ、不妊改善・流産予防も期待できます。
ネトルやラズベリーリーフとのブレンドがおすすめ。

 

ルイボスのハーブティーは「enherb」と「KALDI」がおすすめ!

 

enherb(エンハーブ)


 

ハーブ専門店「enherb(エンハーブ)」

 

enherb(エンハーブ)が採用しているドライハーブは、より野生に近い環境で生育した、生命力溢れるハーブを中心に選んでいます。
そのため、植物の生育場所は、ヨーロッパ、アメリカ、アジア、アフリカなどの世界31カ国に及びます。

 

シングルハーブティー

 

ハーブティーのティーバッグ

 

お店で見る

enherb(エンハーブ)の店舗を見る

 

【enherb(エンハーブ)】店舗のMAP

 

 

KALDI(カルディ)

 

 

KALDIは、スパイスの効いた本格的な料理の材料が売っているお店です。
コーヒーでも有名です。

 

スパイスはもちろんハーブティーも購入することができます。
店舗も多くネットショップもあるため気軽にハーブティーを試すことができます。

 

おすすめブレンドレシピ

 

ルイボスの基本データ(学名/別名/科名/種類/原産地/使用部位/成分)

  • 学名:Aspalathus linearis
  • 科名:マメ科
  • 種類:常緑低木
  • 原産地:南アフリカ
  • 使用部位:葉部

 

ルイボスの特徴

ルイボスの茶には甘みがあり、カフェインを含まず、タンニン濃度もごく低く、
抗酸化作用があるとされています。

 

花粉症や喘息といったアレルギーの諸症状を改善するのにも役たちます。

 

特にアトピー性皮膚炎に働きかけると言われています。

 

ルイボスのエピソード

南アフリカ原産で古くから健康茶として珍重されてきました。

 

南アフリカ共和国では牛や山羊の乳と砂糖を入れてミルクティーにして飲むのが一般的です。

 

南アフリカのカフェでは、ルイボスのエスプレッソやカフェ・ラッテ、カプチーノも人気があり、
不老長寿の薬と言われています。

 

ルイボスの成分

  • フラボノイド
  • ルチン
  • アスパラシン
  • ジヒドロカルコンC
  • ミネラル
  • 亜鉛
  • タンニン

 

 


ページの先頭へ戻る