ローズレッドのハーブティーについて知りたい!日常的にローズレッドハーブティーを楽しむ方法

【ハーブティー】ローズレッド

 

「ローズレッドのハーブティーって、どんな時に飲むのがいいんだろう?」
「おすすめのローズレッドハーブティーは?」

 

あなたは、ローズレッドというとどんなイメージを持つでしょうか?

 

ローズレッドは、別名としてバラとも呼ばれているハーブです。
バラ科の植物で、ハーブティーには花の部分が使われています。

 

ローズレッドは甘い香りが特徴のハーブで、
花の女王様」と呼ばれています。

 

世界三大美女として知られるクレオパトラも、
ローズ(ローズレッド)の香りをとても好んでいたと言われています。

 

一般的に、ローズというと「ローズレッド」のことを指します。

 

今回は、
ローズレッドハーブティーを楽しむための情報をお伝えします。

 

おすすめのハーブティーや、ブレンドレシピも載せているので、参考にしてみてくださいね!

 

それでは、詳しく見ていきましょう!

 

 

 

 

ローズレッドはこんな時におすすめ!

  • 鎮静作用
  • 緩和作用
  • 収れん作用
  • 強壮作用
  • 抗うつ作用
  • ホルモンバランス調整
  • 精神バランス調整
  • 下痢
  • 肝臓・胃腸の疲れ

 

成分が持つ力を期待して利用されるのは、
ダマスクローズ、ガリカローズ(アホテカリーローズ、薬用のバラ)の2種です。

 

ローズレッドのハーブティーはenherbがおすすめ!

 

enherb(エンハーブ)


 

ハーブ専門店「enherb(エンハーブ)」

 

enherb(エンハーブ)が採用しているドライハーブは、より野生に近い環境で生育した、生命力溢れるハーブを中心に選んでいます。
そのため、植物の生育場所は、ヨーロッパ、アメリカ、アジア、アフリカなどの世界31カ国に及びます。

 

シングルハーブティー

 

ハーブティーのティーバッグ

 

お店で見る

enherb(エンハーブ)の店舗を見る

 

【enherb(エンハーブ)】店舗のMAP

 

 

おすすめブレンドレシピ

 

ローズレッドの基本データ(学名/別名/科名/種類/原産地/使用部位/成分)

  • 学名:Rose gallica
  • 別名:バラ
  • 科名:バラ科
  • 種類:落葉低木
  • 原産地:アジア、ヨーロッパ
  • 使用部位:花部

 

ローズレッドの特徴

ローズレッドは「花の女王様」とも呼ばれ、甘い香りで高揚感を与えてくれます。

 

一般的にローズというとローズレッドを指します。

 

ローズレッドのエピソード

世界三大美女として知られるクレオパトラは、ローズ(ローズレッド)の香りを好んでいたと言われています。

 

また、クレオパトラはハーブのルッコラを好んで食べました。

 

ローズレッドの成分

  • 精油(シトロネロール、ゲラニオール、フェニルエチルアルコールなど)
  • タンニン
  • 有機酸

 

 


ページの先頭へ戻る