ローズマリーって何?楽しさ広がる!ハーブティー活用方法

【ハーブティー】ローズマリー

 

「ローズマリーのハーブティーって、どんな時に飲むのがいいんだろう?」
「おすすめのローズマリーハーブティーは?」

 

あなたは、ローズマリーというとどんなイメージを持つでしょうか?

 

ローズマリーは、別名としてメイテツコウマンネンロウとも呼ばれているハーブです。

 

シソ科の植物で、ハーブティーには葉の部分が使われています。

 

ローズマリーはすっきりとした香りと味が特徴のハーブで、
若返りのハーブ」と言われています。

 

和名の「マンネンロウ」も、「永遠の青年」を意味することからつけられたとされています。

 

ローズマリーは、集中力を高めたり、リフレッシュするのにも役立ちます。

 

今回は、
ローズマリーハーブティーを楽しむための情報をお伝えします。

 

おすすめのハーブティーや、ブレンドレシピも載せているので、参考にしてみてくださいね!

 

それでは、詳しく見ていきましょう!

 

※薬を服用中の方および通院中の方は、お医者様・薬剤師とご相談のうえお飲みください。
※ハーブティーを飲んで気になることがあれば、すぐにお医者様に相談しましょう。

 

 

 

 

ローズマリーはこんな時におすすめ!

  • 抗酸化作用
  • 血行促進作用
  • 消化促進作用
  • 抗うつ作用
  • 血管強化
  • 頭皮トラブル
  • 低血圧
  • 風邪
  • 肩こり
  • 更年期障害
  • 記憶力・集中力を高める

 

育毛ローション(ラベンダー&ローズマリーのチンキ)として使われることがあります。

 

育毛ローション

  1. ラベンダー、ローズマリー(ドライハーブ各3g)を密閉できるビンにいれます。
  2. 1のビンの中へ38〜40度のアルコール(ウォッカ、ホワイトリカー)を50ml入れます。このまま2週間保存します。ハーブをこして、精製水100mlを加えて完成です。

 

ローズマリーハーブティーを飲むときの注意点

  • 妊娠中の人は注意。
  • 高血圧の人は注意。

 

ローズマリーのハーブティーはenherbがおすすめ!

 

enherb(エンハーブ)


 

ハーブ専門店「enherb(エンハーブ)」

 

enherb(エンハーブ)が採用しているドライハーブは、より野生に近い環境で生育した、生命力溢れるハーブを中心に選んでいます。
そのため、植物の生育場所は、ヨーロッパ、アメリカ、アジア、アフリカなどの世界31カ国に及びます。

 

シングルハーブティー

 

お店で見る

enherb(エンハーブ)の店舗を見る

 

【enherb(エンハーブ)】店舗のMAP

 

 

おすすめブレンドレシピ

 

ローズマリーの基本データ(学名/別名/科名/種類/原産地/使用部位/成分)

  • 学名:Rosmarinus officinalis
  • 別名:メイテツコウ、マンネンロウ
  • 科名:シソ科
  • 種類:常緑低木
  • 原産地:地中海沿岸
  • 使用部位:葉部

 

ローズマリーの特徴

かつては主に地中海沿岸地域に自生、分布していたローズマリー。

 

淡い色合いからブルーの可憐な花も人気で、
イギリスやアメリカなどに伝わり、今は世界各地で栽培されています。

 

他のハーブとの相性もよく、ブレンドすると飲みやすいです。

 

ハーブティーは、フレッシュでもドライでも楽しめます。

 

また、イタリアや南仏では肉料理の臭み消しや風味づけに利用するハーブとして有名ですが、
葉や茎はクラフトやコスメなど多彩に活用できます。

 

すきっりとした香りと味で集中力を高め、リフレッシュ作用が期待できます。

 

ヨーロッパでは記憶や思い出の象徴として教会行事に利用されていました。

 

ローズマリーのエピソード

ラテン語で「海のしずく」という言葉に由来するように、波のしぶきのような色と形の花を咲かせます。

 

ヨーロッパでは、古くは魔除けの役割を払い、伝統的に様々な儀式にも使われてきました。

 

古くから「若さを取り戻すハーブ」として有名で、
和名のマンネンロウも「永遠の青年」を意味することからつけられたとされています。

 

ハンガリーのエリザベート王妃がローズマリーを主原料とした化粧水で若さを取り戻し、
77歳で隣国の王子に求婚されたことから「若返りのハーブ」と言われています。

 

ローズマリーの成分

  • 精油(シオネール、α-ピネン、カンファー、ボルネオールなど)
  • フェノール酸(ロスマリン酸、クロロゲン酸、カフェ酸)
  • ジテルペン化合物(カルノソール、ロスマーノルなど)
  • フラボノイド’(ルテオリンなど)

 

 


ローズマリーが好きな人におすすめの記事

 
ページの先頭へ戻る