子どもでも飲めるハーブティーは?子どもと一緒に楽しめるハーブティーマニュアル

「子どもにハーブティー飲ませても大丈夫かな?」
「子どもにおすすめのハーブティーは?」

 

ハーブティーは、気軽に楽しめるからこそ、
お子さまと一緒に楽しみたいですよね。

 

お子さまの体のことを考えて、
添加物が多く入っているジュースよりも
ハーブティーを飲ませたい!というお母さんもたくさんいると思います。

 

今回は、
子どもでも飲めるハーブティー
ご紹介していきます。

 

子どもハーブティーを飲ませる時には、
アレルギーを確認し、カフェインのあるものは、たくさん飲ませないようにしましょう。

 

また、子どもが飲みやすいように「はちみつ」や「ステビアリーフ」をブレンドしたりするのもおすすめです。

 

それでは、
詳しく見ていきましょう!

 

※薬を服用中の方および通院中の方は、お医者様・薬剤師とご相談のうえお飲みください。
※ハーブティーを飲んで気になることがあれば、すぐにお医者様に相談しましょう。

 

 

 

 

ハーブティーは子どもでも飲める!

 

ハーブティーは、基本的に6歳以上の子どもも楽しむことができます。

 

ただし、アレルギーやカフェインの多いハーブティーには
気を付けて飲みましょう。

 

子どもにハーブティーを飲ませる時の注意点

 

科名を確認する(アレルギーを確認する)。

 

とくにキク科など、アレルギーを持つ方がハーブティーを飲む場合は必ず科名を確認します。

 

(例)キク科

 

 

はじめは薄めにハーブティーを抽出して飲ませる。

 

ハーブティーは、緩やかに作用するのが特徴ですが、
子どもに飲ませる時には、念のため薄めに抽出して、様子を見ながら飲むようにしましょう。

 

子どもと楽しめるおすすめのハーブティー

 

子どもには、カフェインが多く入っているハーブティーを飲ませずぎないようにしましょう。

 

ノンカフェインのおすすめハーブティー

 

 

甘みを加えたい時には、「はちみつ」や「ステビアリーフ」がおすすめ!

 

ハーブティーに甘味を入れたい時には、ステビアリーフやマヌカハニーがおすすめです。

 

※マヌカハニーは、6歳以上の子どもにあげるようにしましょう。

 

渋みが強い時にも甘味を入れてあげると、とても飲みやすくなります。

 

ステビアリーフはショ糖100倍の甘味があるため、入れすぎに注意しましょう。

 

エルダーフラワーオレンジジャーマンカモミールも甘味があるので参考にしてください。

 

マヌカハニー

 

 

ステビアリーフ

 

 

乳幼児とハーブティーを楽しみたい時は、ジャーマンカモミールがおすすめ

 

おむつかぶれ

 

ハーブティーをガーゼに湿らせて、拭いてあげましょう。

 

腹痛・不快感

 

げっぷを上手に出せないとお腹にガスが溜まり、痛みや不快感に繋がります。

 

飲ませたい時は、お母さんがティーを飲み母乳からあげます。

 

 

 

お子さまとハーブティーが一緒に楽しめたら、楽しいですよね。
ノンカフェインのハーブティーだと子どもも安心して飲めます。
はちみつやステビアリーフを入れて、甘みを加えれば美味しく飲めるのでおすすめです。


 

 

ページの先頭へ戻る